子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

自転車の乗り方について!子供への教え方のコツは?

   



子どもがだんだん大きくなってくると、
自転車に乗る時期がいずれかはやってきます。

自転車はとても便利な乗り物で、
乗る機会も多く、

やはり乗りこなせた方がいいのではないか
と思います。

 

自転車の乗り方をしっかりと教える機会が、
男の子、女の子どちらにも
必ず来ると思います。

 

jiko_pedal_nashi

 

自転車の乗り方など、
技術的なことを教えていくことも、
大切なことです。

 

また、それと同時に、
交通ルールを子どもが分かる範囲で、
しっかりと教えていくことも、
大切なことではないでしょうか。

 

交通安全について一緒に考える、
そんな機会って、

とても重要な親子のコミュニケーションの
機会になるのではないかと思います。

 

今回は、
自転車の乗り方の子供への教え方のコツについて
調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

 

子どもが自転車に、
乗れるようになる方法を調べていたら、

「どんな子供でもたった1時間で
自転車に乗れるようになる方法」

という衝撃的な動画に出逢うことが
できました。

 

 

『補助輪を左から右に付け替える』

というところがポイントみたいですけど、
正直目から鱗が落ちる思いでした。

 

自分が子どもの頃にやっていた、
自転車に乗る練習方法は、
下記のようなものでした。

 

補助輪を外した状態で、
親に荷台を持ってもらいながら走ってもらい、
ある程度のところで手を離してもらう。

 

そんなことを繰り返して、
少しずつ一人で自転車に乗れる距離を、
伸ばしていったそんな記憶があります。

何日にも渡ってやっていたように記憶しています。

 

それに比べるとこの動画の練習方法は画期的です。

 

子どもへの教え方のコツは、
自転車は直進しないということを
認識すること、

これに尽きると思いました。

これはちょっとわかっていませんでした。

 

自分が練習していた頃は、
ひたすら真っすぐ進むことばかり、
意識していたと思いました。

 

自転車は真っ直ぐに走っているようで、
小刻みに左右にターンしている。

曲がってもいいんですね。
これは自分自身にとって大発見となりました。

 

このことを知っていれば、
きっともっと早く自転車乗りをマスターできていた
と思いました。

 

スポンサードリンク

 

自転車の乗り方の子どもへの教え方のコツについて

 

上記の動画から、
子どもへの教え方のコツについて、

学ぶことができましたが、
もう少し見ていきたいと思います。

 

yahoo知恵袋から以下の様な情報を
得ることができました。

ちょっと工具が必要となりますが、
ペダルを外します。

教え方については下記の通りです。

 

自転車にまたがったままずっと歩かせます。

歩くのに慣れてきたら、
今度は両足で同時に踏み切って
勢いをつけます。

それを繰り返し、
足を付かないで行ける距離を伸ばします。

お父さんの判断で、
これはもう乗れてるなと感じたら
ぺダルを付けてあげてください。

最初は戸惑いますが、
ハンドルでバランスを取ることは

身についているので不思議なほど早くこぐことが
できるようになります。

 

 

その他にも、
以下のような教え方の方法が、
紹介されていました。

 

1、お子さんのやる気がある時、乗りたい時に練習

2、自転車のペダルは漕がずに、
バランスを取って乗って進む練習

3、2~5m進めるようになれば、
ペダルを回して進む練習にわけます

 

 

何方かが自転車を支えながら
ゆるやかな坂道の上から、
乗らせててみてください。

自然に前に進んでしまいますので、
コツがお子さんにわかると思いますよ。

 

ある程度スピードが必要であるということを、
教えてあげることも、
大切なことではないかと思いました。

 

jiko_jitensya_tentou

 

最後に

 

今回は、
自転車の乗り方の子供への教え方のコツについて
見ていきました。

 

自転車に乗れるようにするという、
技術的なことを教えることも、
もちろん大切なことですが、

最初の方で触れた通り、
交通ルールや交通安全について、

教えていくことも、
非常に大切なことではないかと思います。

 

子どもとはいえ自転車に乗るからには、
交通ルールを守ることは当然の義務だと思います。

 

当面は、一緒に出掛けることが基本で、
一人で運転させることはないと思いますが、

事故からしっかりと守ってあげることも、
親として大切なことではないかと感じています。

 

頭部を保護するヘルメットや、
膝当てや肘当てをしっかりと活用して、

万が一転倒などしてしまった時にも、
最小限の怪我で済むことができるよう
気を配っていきたいところです。

 

ルールを守って安全に十分に気をつけていけば、
自転車に乗るのはとても楽しいと思います。

遊びの種類も広がるし、
子どもと新たなコミュニーケーションを
とることができるのではないでしょうか。

 

新たな子どもの一面を発見できるかもしれません。

楽しみだなあと思います。

 

 - 暮らし