子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

中学生の平均身長と平均体重について!文部科学省公表値は?

   



子育てをしていると、
自分の子どもが他の子どもたちと比べて、
どうなのか気になる時があります。

 

身長や体重というところは、
特に気になる気がします。

 

そして、
平均がどれ位なのかということも
知りたいなあと思います。

 

昔に比べて子どもが大きくなっているなあと、
感じる時があるのですが、
実際にはどうなのでしょうか?

 

school_blazer

 

子どもといっても様々な年代がありますが、
今回は中学生に焦点を当てて、

文部科学省が公表している
中学生の平均身長や平均体重について

調べていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

「子供の身長って予測できるって知ってた?」
というとても興味深い動画をみつけることが
できました。

 

こんな計算式があったとは、
ちょっと驚きました。

 

身長が決まるのは遺伝的な要素もありますが、
生活習慣というものも、
大切なものではないかと思います。

 

睡眠も成長する上で、
非常に重要なものではないかと思います。

夜更かしばかりしていては、
成長の妨げになってしまう
危険性があるのではないかと感じています。

 

規則正しい生活を続けることができるよう、
親の関与が必要な時もあるのではないかと
思います。

 

文部科学省が公表している中学生の平均身長や平均体重について

 

それでは、
文部科学省が公表している
中学生の平均身長や平均体重について、
見ていきたいと思います。

「平成26年度学校保健統計調査」
によると以下の様な結果となっています。

 

平均身長

12歳(中学校1年生)男子 152.5㎝、女子 151.8㎝
13歳(中学校2年生)男子 159.7㎝、女子 154.8㎝
14歳(中学校3年生)男子 165.1㎝、女子 156.4㎝

 

平均体重

12歳(中学校1年生)男子 44.0kg、 女子 43.6kg
13歳(中学校2年生)男子 48.8kg、 女子 47.2kg
14歳(中学校3年生)男子 53.9kg、 女子 50.0kg

 

身長の平均値は、
平成6年度~13年度あたりがピークだった模様。

また、体重の平均値は、
平成10年度~18年度あたりがピークだった
模様です。

 

 

スポンサードリンク

 

 

この
「平成26年度学校保健統計調査」
を見ていて気になったのは、

『「裸眼視力1.0未満の者」の割合の推移』
という項目です。

中学生で53.04%となっているのを、
確認することができました。

この数字を見て驚いたのは、

約2人に1人は裸眼視力で、
1.0未満であるということです。

 

眼鏡の使用を検討しなければならない
子どもたちがたくさん
いるのではないでしょうか。

パソコンやゲームなど、
昔に比べて目を酷使しなければならない状況に

なっていることも原因の一つではないかと
思います。

 

眼鏡をどうしようかって、
子どもに対しても悩みが尽きない状況に、
なっていくのではないかと思います。



megane_case

 

 

最後に

 

今回は、

文部科学省が公表している
中学生の平均身長や平均体重について

見ていきました。

 

平均身長や平均体重というものは、
気になるものですし、

他の子どもと比べてどうなのか
ということも気になるところですが、

あまり比較過ぎないようにすることも、
大切なことではないかと思います。

 

身長も体重もその子の個性であると、
捉えることもできるのではないかと
思います。

 

比べてどうなのか
ということばかりに目を向けず、

その子の良い所を伸ばせるような
働きかけができたらいいなあと思います。

 

 

 - 中学校