子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

男子ごはんでメカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースのレシピを紹介!

   



2019年10月6日放送の男子ごはんでメカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースについて紹介されました。

メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースを教えてくれたのは料理家の栗原心平先生です。

 

スポンサードリンク

 

メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースのレシピ

 

 

お家で作れる!魚介を使った絶品イタリアン2品として、メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースと本格ペスカトーレが紹介されました。

今回はメカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースの作り方になります。

カリッと焼き上げたメカジキにバジル&生クリームを混ぜたジェノベーゼソースとの相性は抜群です♪

 

メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースの材料:2人分

 

・メカジキ:2切れ
・じゃがいも:1個
・バター:5g
・塩、黒こしょう、片栗粉:各適量
・オリーブ油:大さじ2《ジェノベーゼソース》
・バジル:1パック(約20g)
・にんにく:1片
・生クリーム:1/4カップ
・塩:小さじ:¼
・黒こしょう:適量

 

メカジキのソテー簡単ジェノベーゼソースの作り方

1)じゃがいも(1個)は暑さ5mmの輪切りにします。

2)バジルは(1パック)はみじん切りにします。

3)熱したフライパンにオリーブ油(大さじ1/2)を引きます。

4)半量のじゃがいもを加えて弱めの中火で両面を焼きます。
輪切りにしたじゃがいもはフライパンに並べて焼いていきます。

じゃがいもは薄く切ってフライパンでソテーにするとあっという間に火が通るので、ちゃんと油を引いて焼いてあげるとそれだけでも美味しいので付け合せにおすすめです。
盛り付け的に洋食全般に使えます。

 

5)塩(少々)を振る。

6)日が入ったら取り出す。残りのじゃがいもも同様に焼きます。

ここで食材クイズが登場していました♪

クイズ
バジルは和名で「めぼうき」と言いますがその由来は何でしょう?正解
江戸時代にバジルは薬用として輸入、種を水に浸すとゼリー状の物質ができます。それを目の汚れを取る「目の箒(ほうき)」として利用していたことから「めぼうき」と言われるそうです。

 

7)メカジキ(2切れ)に塩(小さじ1/4)を振ります。
メカジキの選び方は色です。鮮やかな透明感があるものが良いそうです。

8)黒こしょう(適量)振ります。

9)片栗粉(適量)をまぶします。

ポイント1

メカジキに片栗粉をまぶすことで、口当たりが良くなりバターとの相性もアップします。

 

10)熱したフライパンにバター(5g)を加えます。

ポイント2

バターだけでなくオリーブ油を加えることで香りがほんのり立ち美味しく仕上がります。

 

11)オリーブ油(大さじ1)を加えます。

12)メカジキを加えて強めの中火で焼きます。

13)たまに返しながら両面を焼きます。

14)じゃがいもを皿に盛ります。

イタリアンは盛り付け方が大事です。白いお皿だと映えます。

15)メカジキは焼きあがったら皿のじゃがいもの上に盛りつけます。

16)にんにく(1片)を加えて炒めます。

油が余らなかったらオリーブ油を少し足します。

17)バジルを足します。

18)香りが出てきたら生クリーム(1/4)を加えます。

19)塩(小さじ1/4)を加えます。

20)黒こしょう(適量)を加えて少し煮詰めます。

21)ジェノベーゼソースをかけ完成です。
魚介を使った絶品イタリアン2品として紹介された本格ペスカト-レのレシピはこちらからどうぞ♪

男子ごはんで本格ペスカト-レのレシピを紹介!

 

 

まとめ

 

イタリアンは盛り付けが大事という話が出ていましたが、映像を見ていると完成品はとても美味しそうでまさにその通りだと思いました。

バジルは江戸時代から日本になじみのもので目薬として使われていたということもとても勉強になりました。
試してみたいと思います♪

 

 - 男子ごはん