子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

きょうの料理でれんこんのつくねのっけのレシピ(作り方)を紹介!

   



2019年10月4日放送のきょうの料理でれんこんのつくねのっけについて紹介されました。

れんこんのつくねのっけを教えてくれたのは料理研究家の舘野鏡子さんです。

 

スポンサードリンク

 

れんこんのつくねのっけのレシピ

 

 

れんこんが美味しい季節となりましたね。

れんこんのつくねのっけは、色々な食感と味わいを楽しめる簡単なレシピです。
れんこんを厚切りにしてやわらかいつくねをのせて焼くだけ♪

モチシャキの食感を楽しむことができ、卵黄をとろりとかけて食べるのがおすすめです。

 

れんこんのつくねのっけの材料:2人分

 

つくね生地<2人分>
・鶏ひき肉 150g
・細ねぎ(小口切り)2~3本分
・卵白 1個分
・小麦粉 大さじ1
・酒・みりん・ごま油 各小さじ1
・塩 小さじ1/4

ししとうがらし 6本
塩 適量

サラダ油 大さじ1弱
しょうゆ・みりん 各大さじ1

卵黄 1個分

<1人分> 370kcal 塩分 2.5g

 

れんこんのつくねのっけの作り方

1)鶏のひき肉150gに細ねぎ(小口切り)2~3本分入れていきます。

 香りももちろんですが色も青ねぎを使うと綺麗な仕上がりとなります。

2)次に卵白を一個分まぜます。

 後でかける卵黄のあまり、片方となります。

3)小麦粉をつなぎに大さじ1杯分、調味料として酒、みりん、ごま油を各小さじ1杯、塩は小さじ1/4を入れハンバーグの要領でまぜます。

 卵白が入っているのでやわらかくれんこんとの相性もばっちりです♪
 また、後でかける卵黄の残りも使えるのでとても合理的です。

4)指でぐるぐる混ぜているとねっとりとやわらかい鳥のつくね生地が完成します。

 丸められるというよりはちょうどれんこんにはりつけるという固さが理想
です。

<れんこん>
1)れんこん200g(直径5㎝くらいのもの)の皮をむきます。

 皮むき器を使うスマートに失敗なくむいていきことが可能です。

2)れんこんを1・5㎝の厚さに切ります(8枚)。

3)つくね生地をれんこんの上にのせていきます。

ポイント
れんこんをトントントンと軽く打ちつけつくねと密着させます。
スプーンで押し付けるより自然に落としていくととてもうまくつきます。
すると、穴の中につくねが落ちていきます。

 

<続き>
1)れんこんとつくねを密着させたものをフライパンで焼いていきます。
ししとうがらし6本の軸とへたを取り軽くひねります。ししとうがらしもそえ一緒に焼きます。

2)時々返しながられんこんの面を下にしてししとうも並べふたをして5~6分間焼きます。
サラダ油 大さじ1弱。 弱めの中火で行います。

3)ししとうがらしをとりだします。

 たれをからめていくとししとうが黒くなるので取り出して軽く塩をふります。

4)ふたをして蒸し焼きにします。

ポイント
厚切りのれんこんを蒸し焼きにするとモチシャキの食感になります!

 

5)つくねには火が通っているので火を強めの中火にしてたれを絡める準備をします。

6)しょうゆとみりんを各大さじ1をフライパンをゆらしながら仕上げていきます。
時々れんこんもかえしながら仕上げていきます。

 れんこんは厚みもあってモチシャキの食感、つくね生地ははしっとりやわらかなのでダブルの食感を楽しめます。

 盛り付ける時はつくねの面を見せたり、れんこんの面を見せたりすると喜ばれます♪

7)ししとうがらしとボリューム満点の卵黄をそえて盛り付けてできあがりです。

 食べる時は熱々のつくねの上に卵黄をからめるのもおすすめです。

 

 

まとめ

れんこんのモチシャキの食感とつくねのやわらかい食感を同時に楽しめるところにとても魅力を感じるレシピだと思いました。

れんこんって色々な楽しみ方ができるしょくざいであると改めて感じることができました。

ぜひ試してみたいと思います!!

 

れんこんの料理はこちらもどうぞ!!
きょうの料理でダブルれんこんのねぎ油あえのレシピを紹介!

 - きょうの料理