子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

プール熱治療のための子供の薬について!高熱の対処法は?

   



夏になると「プール熱」という言葉をよく耳にします。

感染症ってインフルエンザを中心とした
冬に流行するものというイメージが強いのですが、

このプール熱のように、
夏に流行するものもあるんだなあと思いました。

冬だけでなく夏にも子どもが感染しないように
気をつけていきたいところです。

 

p153

 

プール熱と言葉としては聞きますが、
実際にはどんなものなのかよくわかっていないなあと
改めて思いました。

 

今回は「プール熱」をテーマに、

子どもの治療薬や高熱が出た際の対処法、どんな症状なのか、
予防法にどんなものがあるのか

といったことについて
調べていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

 

まず、はじめに、
「病気をしるしるカレンダー 《夏》プール熱」

という動画を見つけましたので、
簡単に「プール熱」のことを頭に入れて

色々なことを調べていきたいと思います。

 

 

 

プール熱の症状や感染経路やについて

プール熱は、正式には「咽頭結膜熱」といい
7~8月に患者が増大する夏風邪の一種です。

原因はアデノウィルス。

アデノウイルスは、
咽頭炎・結膜炎、場合によっては、
腹痛や下痢、頭痛や吐き気を引き起こします。

 

夏にプールで感染することが多いので
「プール熱」と呼ばれるそうです。

乳幼児や学童期の子どもが中心に罹りますが、
大人も罹るので注意が必要です。

また、大人が罹患した場合は重篤化しやすいため、
この点にも注意が必要です。

 

プール熱の症状

 

・プール熱の症状として下記のようなものが挙げられます。

 

・5~7日の潜伏期間を経て、39度以上の突然の発熱で発症。
熱は午後~夕方にかけて上昇。
 
・喉の痛み、結膜の充血。

・眩しさを感じる、目の痛み。

・喉の痛み+高熱によって食欲不振に陥る場合がある。

・3~5日で回復するが、肺炎を併発する場合があるので注意必要。

 

感染経路

 

感染経路として以下のものが挙げられます。

・実際に感染している人の咳やくしゃみによる私物感染
・目やにによる結膜感染
・経口感染

 

スポンサードリンク

 

プール熱の治療方法や薬、高熱の際の対処法について

プール熱の治療は、

高熱に対しては解熱薬(下熱薬)
眼の症状に対しては目薬を使用して行っていきます。

これは初めて知ったのですが、
アデノウィルスに対する特効薬や抗ウイルス薬はないそうです。

 

ということなので、

プール熱の治療は対症療法で実施していく

こととなります。

治療中は、水分や栄養補給が重要となります。

また、めやにが出ている場合は、
丁寧に拭き取り触らないようにすることも大切です。

 

kaze_woman

 

プール熱の予防法は?

プール熱の予防法としては下記のものが挙げられます。

 

目をこすらない。

手洗い、うがい。

プールから上がった後念入りなシャワーと洗顔

タオル等の共有を防ぐ。

 

他の感染症の予防同様、やはり、

手洗い、うがいが予防の基本になる

と思います。

手洗いうがいは本当に重要です。

 

なかなか励行することは難しいですが、
子どもにはしっかりと習慣となるように
繰り返し教えてあげる必要があると思います。

 

 

最後に

 

kids_pool

 

 

今回は夏風邪の一種である

「プール熱」の症状や感染経路、治療方法や予防方法

などについて見ていきました。

自らが感染源とならないことも、
非常に大切なことではないかと思いました。

人に移してしまっては、
感染が拡大するばかりで、
収束が困難になってしまう恐れもあります。

 

もしプール熱に罹ってしまったら、
しっかりと治療し完治させてから

人との交流を再開していくことが
大切なことではないかと思いました。

 

できることならば、
「プール熱」をはじめとする感染症に罹ることなく、
楽しく夏を過ごしていきたいところですね。

 

 - 病気・トラブル