子育てのお悩みを解決する子育て応援ブログ

子育てに関するお悩みを解決、また、子育てに関連する情報を集めて綴っていく子育て応援ブログです。

*

消費税10%はいつからか?2017年(平成29年)4月って本当?

      2015/09/09



家計に直結する消費税の増税の動向から
目が離せません。

子育て真っ只中の世代の方々や
年金受給者の方々にとっては、

増税は本当にかなりの負担を強いられるものに
なるのではないかと思います。

 

syouhizei_shinpai

 

日本の消費税は、
3%から始まり5%を経て
現在は8%となっています。

そしてついに消費税10%となる時代が
もうそこまで来ています。

 

1000円の商品を買えば100円、
10000の商品を買えば1000円、
税金がかかることとなります。

 

8%と比べて2%増えただけなのに、
かなり負担増となっている感じがするのは
気のせいでしょうか。

 

1000円あったら結構色々と買えるので、
やっぱり10000円分買ったうちの
1000円が税金
というのは大きな負担だなあと思います。

 

もちろん国の財政が非常に厳しい状況にある
ということも理解しているつもりです。

 

今回は、
消費税が10%へ増税されるのはいつからか?

2017年(平成29年)4月から、
本当に消費税が8%から10%へ移行されるのか?

この点について調べていきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク

 

 

このアニメ動画は、
税金が無くなった世界がどうなっているかを
描いています。

とても考えさせられる動画となっています。

 

税金の必要性ということは、
十分に理解できるものだと思います。

 

syouhizei_8percent

 

消費税の歴史

 

消費税の税率はいきなり8%となったわけではなく、
段階を経て上がっていきました。

 

1989年(平成元年)4月1日 – 消費税法施行 税率3%

1997年(平成9年)4月1日 -地方消費税の導入と
消費税等の増税(3%から5%に増税、
うち地方消費税1%)。

2014年(平成26年)4月1日 – 消費税率(国・地方)は、
5%から8%(うち地方消費税1.7%)となる。

 

2015年10月、
現行の消費税率8%から10%に引き上げる
予定でしたが、

経済再生とデフレ脱却を優先することとし、
1年半延期することとなり現在に至っています。

 

スポンサードリンク

 

 

消費税10%はいつからか?2017年(平成29年)4月開始となるのか?

 

それでは、
1年半先送りとなった消費税率10%は
いつから実施されるのでしょうか。

2017年(平成29年)4月から
本当に開始となるのでしょうか。

 

安倍晋三首相は2014年11月18日、
消費税率の引き上げ延期を
表明すると同時に
下記についても語っています。

 

「再び延期することはない。
景気判断条項を付すことなく確実に実施する」とも語り、
経済情勢にかかわらず再延期はしない意向を示した。

 

ということで、

2017年(平成29年)4月から消費税は10%

に増税されることとなります。

 

上記の発言にある通り、
景気の状況にかかわらず
増税されることとなります。

 

安倍晋三首相は、
金融危機や天変地異の場合には、
再延期の可能性があること
示唆しています。

 

この場合は、法改正が必要となります。

 

リーマン・ショック級の金融危機や
大地震に見舞われた場合などは、
消費増税は再延期されることになると思います。

 

ただ、一度延期したものを
再延期するとなると、

次の時もまた延期されるのでは
という空気がでてきてしまうことに
ならないでしょうか。

 

多くの問題を抱えながら、
2017年(平成29年)4月
迎えることになりそうな気がします。

 

pop_zouzei

 

最後に

 

今回は、
消費税が10%へ増税されるのはいつからか?

2017年(平成29年)4月から、
本当に消費税が8%から10%へ移行されるのか?

ということについて見ていきました。

 

何度も触れている通り、
消費税ももちろんのこと、

税金が重要なものであることは、
十分に理解しているつもりです。

 

消費税率10%が実行されるのであれば、
子育て世代の支援施策ももっと
充実したものにしてほしいと思います。

 

また、軽減税率適応の品目についても、
多くの人達が納得できるものに
してほしいと思います。

 

この国の未来を案じると、
少子高齢化が益々進み、

人口減少が今まで以上に大きな問題として、
クローズアップされてくるのでは
ないでしょうか。

大げさかもしれませんが、
日本の存続の危機になってしまうのではないか
なんて思ってしまいます。

 

子どもを育てやすい社会を
実現することも大切ですが、

子どもを産みやすい社会を作っていくことも
重要なのではないかと思います。

 

それこそが日本の活力になるのではないか
と考えます。

 

 - 暮らし